ホーム > 会社概要 > 知的財産ポリシー

知的財産ポリシー

知的財産・知的財産権に関する方針

ヤマト包装技術研究所株式会社(以下「当社」といいます)は、「知的財産権に関する法令を遵守すること」「当社の知的活動の成果を知的財産権によって保護し、積極的に活用すること」を知的財産・知的財産権の基本的方針と定めています。これらを常に意識しながら、発明の発掘、出願、権利化とその活用を通じ、社会に貢献する活動を行ないます。

知的財産・知的財産権の定義

本ポリシーにおいて、「知的財産」とは、発明、考案、意匠、著作権その他の人間の創造活動により生み出されたもの、およびノウハウ、データその他の事業活動に有用な技術上の情報並びに成果有体物をいいます。また、「知的財産権」とは、特許権、実用新案、意匠、商標権、著作権その他の知的財産に関して法令で定められた権利または法律上保護される権益に係る権利をいいます。

知的財産・知的財産権の保護

当社は、当社における研究成果として社員が創造した知的財産および知的財産権について、その確保からその技術移転までを戦略的かつ組織的に対応し、原則として、当社に帰属させ、適正に管理します。当社が保有する知的財産の不用意な流出を防ぎ、また秘密情報の不適切な取り扱いによって情報を流出しないようにするため、機密保持契約などにより情報を厳重に管理します。また、当社は、知的財産の帰属等に係る係争や知的財産権の権利侵害については、ヤマトグループとして対処します。