ホーム > 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

ヤマト包装技術研究所株式会社(以下、当社)は、包装に関するサービスを提供していく上で当社開発の特許情報、資材販売、試験・設計などにおいてお客様からお預かりした情報資産をさまざまなリスクから保護しなくてはならないと自覚しています。
そこで、当社の情報資産を保護する行動指針として「情報セキュリティ基本方針」を定め、適切な対策を施すと共に、その維持管理・運用のために全員が一丸となって行動することを宣言します。

ヒアリング:お客様のお悩み、例えば

1.対象とする情報資産
当社の管理下にあるデータ及びその格納媒体、顧客からの預かり情報、コンピュータやネットワーク設備・施設、装置、ソフトウェア、ドキュメントや契約書類を対象とします。

2.適用範囲と運営方針
当社で取り扱うすべての情報(特許、開発、顧客からの預かり情報など)を対象とし、『機密性』『完全性』『可用性』を維持管理、運用していきます。

3.法令遵守
本セキュリティ基本方針と、関連する法令・規制を遵守し、別途定める各規程類(マニュアル,管理目的,管理策,適用宣言書,標準,規程書等)に従い行動します。

4.契約
顧客及び業務委託先との契約においてセキュリティに関する要求事項を遵守します。

5.組織体制
運営組織として情報セキュリティ委員会を置き、運営と管理を定期的に見直し、継続的改善に努めます。

6.リスクアセスメントの確立
適用範囲で定めた情報資産は、リスクアセスメントを適用し、効果的な保護・管理・運用策を講じていきます。

7.教育と責務
当社に従事する者は、情報セキュリティに関する教育・訓練を受けます。また、法令や倫理基準に違反した場合には、就業規則に従って処罰を受けます。

以上

ホームへ