ホーム > 包装ソリューション > クロネコの包装技術 > 地球にやさしい包装技術

クロネコの包装技術

私たちヤマトグループにとって、環境問題は喫緊の課題です。荷物を運ぶ「物流」というビジネスにおけるリーディングカンパニーとして、CO2削減という大きな社会的責任があります。 配送車の代わりに電車や自転車、台車を使用するなど、輸送におけるCO2排出削減と同時に、 私たちヤマト包装技術研究所株式会社でも地球にやさしい包装技術への取り組みを強化しています。緩衝材の不要な包装資材や、廃棄分別が簡単にできる包装資材の開発。また、回収・再利用が可能なリターナブル包装資材の利用は、無駄なゴミを減らし、結果として包装資材の生産過程や焼却過程で排出されるCO2を減らします。発送後の包装資材の回収が課題ですが、ヤマトグループでは、このリターナブル包装資材と宅急便をはじめとする様々な輸送モードを組み合わせて、エコフレンドリーな物流を可能にしています。

・地球環境に配慮した包装とは?

・無駄のない繰り返し使用できる包装資材は?

無駄な緩衝材を不要にしたのは、新開発のウレタンフィルムでした。再利用可能な包装資材は、耐久性があり、軽量で、しかもどのような商品にも対応できる汎用性が求められます。リターナブル包装資材の運用面についても、実績のあるヤマトグループにご相談ください。地球にやさしい包装技術の活躍する場面が、今後ますます増えていくことでしょう。

無駄な緩衝材不要で廃棄分別可能な包装資材

精密機器ボックス6/精密機器ボックス8

デジタルカメラなどを、フィルムで優しく簡単に包みます。

繰り返し使用できるリターナブル包装資材

プラスチック段ボール

さまざまな用途に合わせて作成いたします。

クロネコオリコン

RBPに最適な積みつけ考えたプラスチック製コンテナです。

Neco fit14/16

「魔法のふろしきFLIX」を使用し、自由に内容物を包みます。

クロネコの包装技術

3. 販促・ブランディング

クロネコの包装技術

5. ビジネスの効率